妊娠中のつわりの時の過ごし方について

妊娠がわかると、すぐに始まるのがつわりです。つわりの症状はその人によっても程度の差がありますから、ある人はつわりの症状をほとんど体験しないうちに出産を迎える人、水さえも受け付けないぐらいのひどいつわりなど、その症状の出方はさまざまです。

多くの人は辛いつわりの症状に悩んだ経験があるようですが、つわりはだいたい妊娠2ヶ月ぐらいから始まり、妊娠6ヶ月までには自然に消滅していきます。ですからつわりの平均的な期間は3ヶ月前後ということになります。この期間をどのようにして、うまくつわりの症状をやり過ごすかがポイントになります。

まず、つわりが始まると、常に吐き気がしたり、いつも胃にガスが溜まっているようになり食事が喉を通らないという症状がでたりするのですが、こういった症状はリラックスして毎日の生活を送ることで軽くすませることが可能になります。吐き気がするからといって、家に一日中閉じこもっていると、どうしてもつわりの症状に神経が集中していまいますから体調はより悪化してしまうことになりかねません。

おすすめは朝のうちに、ゆっくりウォーキングしながら散歩をするというのが良いでしょう。外出してゆっくりご近所を歩くことによって気持ちを紛らわせることができます。そして太陽光戦にたくさんあたることによって体内に溜まってしまったガスも自然に排出されてくるので、症状はどんどん楽になっていくものです。

つわりはどんなに症状が強く出ていても薬が処方されることがありません。ですから、あくまでも自分の力で少しでも改善するように新しい趣味を始めたりして気をそらせるようにしたいものですね。

妊娠希望の方必見!葉酸サプリおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です