デジタルカメラを持って 季節の移り変わりを感じています

私が今はまっていることはデジタルカメラで写真を撮ることです。とは言っても 始めたのは昨年の秋からなので はっきり言って詳しいことはよくわかりません。

秋から冬、冬から春、そして今 春から夏にかけての季節の移り変わりを カメラを覗きながら感じています。

それまでは花を見ても「きれいだなあ」 で終わっていました。 今は周りを見て 空を見て 光を見て 影を見て どうしたら一番きれいに見えるか いろいろ考えて花を見るようになりました。花の名前もよく知らなかったので 調べるようになりました。どこにどんな公園があって、どんな花がいつ頃咲くのか 気にするようになりました。

近所の 今まで通ったことのない細い道を通り 気が付かなかった小さい公園も知ることができました。

写真を撮るようになって感じたのは 定年を迎えた年頃の男性の方が デジタルカメラよりもう少し本格的なカメラを持って 花の写真を撮りに来ていることが多いということです。自分の時間を多く持てるようになって 勉強を始めてカメラの奥深さと楽しさに気が付いた方も多いのだろうと思います。

私もこれからいろいろ勉強をして 自己満足だけではなく 人に見てもらえるような写真を撮りたいと思います。

車を高く売る時期

今日何気ない日常の一コマを写真に残していく

女性ならではの趣味というわけでもこれを仕事に、とできるほどではありませんが写真を撮ることが好きで一つの趣味にしています。
遠くの景色から近くの草花や小物、自分の飼っているペット等ふとした日常の何でもないことでも写真に収めることが好きです。
雲一つない空や反対に雲しかないような日の空でも写真に撮り貯めて後々一つ一つを見直していくのもとても楽しいです。
意外に後々見直してみるとその場で気が付かなかった発見等があったりしますね。
もちろん凄腕カメラマンのような方達には遠く及ばないような、アングルも撮り方等も何もかも自己流で素人じみた写真たちではあります。
それでも家族や友人等と見返し、こんなところにも行ったなあ、綺麗なところだった、また行こうか、と思い出を残して感想を言い合うのも楽しいものです。
一種のコミュニケーションにもなっていますね。
お気に入りの写真を印刷して部屋の壁のコルクボードに少しずつ増えるのを見るのも一つの楽しみになっています。
同じような場所から同じように写した風景の写真等を並べて季節や時間でこんなにも違うものなのか、と驚きもします。自然は不思議ですね。
今は古いカメラやスマートフォン等で簡単な撮影ばかりなので、いつかはしっかりしたカメラで夜空を写してみたいと思っています。

輸入車 車買取

オリジナル睡眠殺法編み出しました!

昔は不眠症で凄く悩まされていました。ハルシオンレベルの睡眠導入剤を飲まなくてはいけない場面も多かったです。
しかし 近年ある種の方法で ハルシオンレベルの睡眠導入剤を飲まなくても眠れるようになりました。

それは「ゆほびか」にある リラックスCDを聴き流しておくと自然に眠りにつきます。

「視力回復CD」これが自分の中でも神レベルの睡眠導入CDだと思います。

音が右からも左からも立体的に聞こえてきて虫の声〜海の音、せせらぎなど自然音が脳内を刺激し癒されます。

全部 聞こうとすると視力アップに繋がるのですが不思議な感覚に浸され先に寝てしまいます。

視力回復にもなる この ゆほびかからのCDは旅行とかにも持参していきます。

他にも 528hzチューナーの音叉により 脳内や目元をしっかり音で癒して 次第に眠くさせる方法もあります。

なので車中泊とかした時、ネカフェで泊まる時など音叉で眠りにつく場面が多いです。

もしもこういう手段を知らなければ出先とかだと余計に眠れなかったと思います。

こういう裏技を発見できて本当に良かったです。
また 耳たぶをゆっくり回すことにより血液の循環を良くして眠りにつく方法もあります。

これでも本当に眠くなり何度も眠りについています。

低年式 車査定

音楽の嗜好に関する質問の答えについて

「○○さん(自分の名前)はどんな音楽を聴くのですか」いざ問われてみると自分の中で上手くまとまっていないことに気付かされました。
というのも質問の主旨が「どんな音楽を好むのか」と言う事を尋ねているのか、「ジャンル」を指しているのか、「歌手(バンドやグループ)」を指しているのか、はたまた「年代のことなのか」この何について質問されているのか解らず答えに窮してしまいました。
こういった質問をしてくる相手は大概相手の心理状態の理解に乏しいケースが多く、答えにつまり質問を質問で返してしまって、「この人、神経質で面倒な人だな」と、どちらかと言えばネガティブな印象を与えてしまう可能性があると思うと、適当と言うか大雑把に答えた方が良いのかとも思ってしまいました。
一例として「80年代の洋楽」などジャンルと年代を組み合わせた回答の方が、相手にとって理解しやすいかとも思われるので、自然と会話が弾みやすくなりますし、こちらが答えた事で逆に私が相手に質問しても返し易くなります。また、質問にただ答えるとしても自分の性格的傾向と客観的に自己を観る態度を兼備して置く必要性もあり、ジャンルと言うカテゴリにしてもロックとかJ-POPとか大雑把に好きなアーティストはこれとこれ、年代を問われるなら邦楽か洋楽かなども用意しておきたいです。自分が好きな曲だからと言って相手も同じ傾向の曲が好きだとは限りませんので、相手の様子を見ながら神妙に答える事にもなってしまい、誤解を招く可能性もありますが、やはり音楽関係のトークに臨むにあたっては普段から慎重に答えを見つけて行く必要があると思う次第です。

走行距離 車査定

毎日スプーン一杯の黒ゴマ美容・健康法

美容はまず内側からということで、お肌や髪の毛にいいものはなにかをいろいろ調べた結果、毎日続けられそうで、かつ、お手軽に始められるものということで今、一日大さじ一杯のすりゴマを食べるということをやっています。ゴマにはお肌に必要な栄養素、ビタミンA,ビタミンB群、ビタミンE、ナイアシン、タンパク質すべて含まれています。また、ゴマには他にも資質の代謝を高める効果もあります。そして、食物繊維も豊富に含まれているため、便秘の予防や解消にも役立ちます。また、ゴマに含まれるセサミンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きもしてくれます。美肌はもちろんのこと、生理不順や生理前の不調、更年期障害にも効果があります。ゴマには白ごま、黒ゴマとありますが、黒ゴマの色素にポリフェノールが含まれるため、私は黒ゴマを選んでいます。また、ゴマの外皮がついたままの状態だと吸収しにくい為、いりゴマとすりゴマではすりゴマを選びました。何かに混ぜてという方法も考えましたが、毎日続けることを考えるとそのまま取ることが簡単で続けやすいと考え、そのまま食べています。そのままが苦手な方は牛乳と混ぜてみたり、ヨーグルトと混ぜてみたりして取るのもよいと思います。ここまでで内側からの美容をお話ししてきましたが、睡眠も一番の美容と考え、なるべく早めに寝えることを心がけています。

マシュマロヴィーナス 最安値

お酒とダイエット因果関係!

私が思うには酵素ダイエットが失敗する原因の一つはアルコールがやめられない、もしくは減らすことができないことです。なので、酵素ダイエットを始めたら、なるべくアルコールは避けるようにします。飲酒をすることによって、肝臓が消化酵素を大量分泌してアルコールを分解しようとするのですが、これにより体内の酵素総量が減って酵素ダイエットが阻害されます。また、酔いのおかげでダイエットのことをあまり気にしなくなって、満腹以上に食べてしまうのはよくあることです。酵素ダイエットを行っている間だけは飲酒をしないようにするか、無理であればごく少量に抑えるようにします。酵素ダイエットは体験者から口コミでじわじわと広がり徐々に実行する人を増やしていった痩身方法だといわれています。体への負担を感じないで体重を落とせた、お通じがびっくりする程良くなった、浮き輪みたいに贅肉のついたウエスト周りがすっきりしたというように、酵素ダイエットの効果について本当にたくさんの声がネット上に溢れています。ですが、そういった声の中には失敗について語るものもあり、万人が成功しているのではないことを知っておきましょう。酵素ダイエットはやり方や仕組みをわかってから行ない、無理解から失敗したりしないよう注意します。酵素ダイエットの落とし穴とも言えますが、よくある失敗例としては、たくさん酵素を摂っているのだから太ったりしないだろうと思い込み、だらだら大量に飲み食いするようになってしまった事例です。それから、これもまた人気の高いプチ断食と同時進行させている時に、普段の食生活にいきなり戻ったりすると、とても失敗しやすいということです。酵素ダイエットの中断や不成功によって代謝の活発化が仇になるのか太りやすくなる傾向を見せることがあり、そういった点には注意したいですね。
はぐマカ最安値

キレイな「ガーデニング」より本気の「庭仕事」

私が現在ハマっている趣味は、休みの日の庭仕事です。
地味ですよね。
でも、平日日中デスクワークに携わっている私には、一石何鳥にもなる趣味なんです。
先ず、ちょっとした運動。週40時間机の前でコンピュータとにらめっこしている生活では、何せ、体を動かす機会が無いのです。そもそも、ふと気づくと驚くことですが、上や下に注意を払う機会すら意識しないと作りにくいものです。ましてや、現代の椅子とベッドが一般的な生活環境で、自分の体を動かして力を入れてその上や下にあるものをどうにかする機会は滅多に無いものです。
次に、日光浴と外の空気を吸う時間。起きている大部分の時間を電車とオフィスで過ごし、家に帰れば費やす時間はほぼ睡眠。気づけば、平日、なかなか外で過ごす時間は多くありません。もう、脚気の心配が頭をもたげるくらい。
もちろん、そんな日焼けに対する免疫を完全に失って鈍りきったアレルギー体質の体で、イキナリ無理をしたら痛い目を見ますが、アクロバティックな動きを要する芸当や直射日光に丸腰の目や皮膚を晒すのは徐々に慣らしつつ、花粉症の時期や埃が多く舞う作業をする時にはマスクをする、等、あくまで「少しずつ」を言い聞かせながら取り組むと、ほったらかしにしがちだけど、放っておくとその時間に比例して後の負担が大きくなるか庭師さんにお願いするコストがかかる庭木の剪定や下草の草刈りといった整備が、健全な趣味に早変わりするのです。

修復歴 車査定