保護猫カフェをめぐっておいしく楽しく保護活動を!

保護猫という言葉をご存知でしょうか?

何かの事情で飼い主に捨てられたり、保健所に入れられたりした猫を、NPOやボランティアが保護した猫のことを言います。

最近、その保護猫をメインにすえた「保護猫カフェ」というお店が増えています。

普通の猫カフェと保護猫カフェの違いは、気に入った「猫スタッフ」を家族に迎え入れることができるという点。

つまり、猫と触れ合えるだけでなく、里親探しの場所でもあるんですね。

保護猫カフェは、通常のカフェのように営利目的ではなく、猫の保護活動が主体となっています。

そのため、カフェの収入が、保護された猫の生活や治療を支え、また新しい保護猫を迎え入れるために資金源となります。

里親になりたいという人だけでなくても、保護猫カフェで猫と遊んだり、飲食したりすることで、間接的に猫の保護活動に携わることができるんですよ。

私も猫の保護活動をしたいと思いながらも、経済的・時間的な事情でなかなか手を出せませんでした。

そんなときにこの保護猫カフェの存在を知り、もともとカフェめぐりが趣味だということもあって、保護猫カフェめぐりを新しい趣味にしました。

元野良猫の猫スタッフが多いので、普通の猫カフェとはちょっと雰囲気が違うこともありますけど、猫好きにとってはそれもまたたまらない魅力です。

シンデレラアップ アマゾン

ヨガで心も身体もニュートラル ハッピーライフのすすめ!

私の趣味はヨガです。ヨガをはじめて4年くらいです。趣味というよりもライフワークの一つになりつつあります。

きっかけは、体調の変化によるものと友人がヨガの先生であったことです。ヨガを始める前は冷え性で育児や家事、仕事に追われ、身体が悲鳴を上げていました。

気づけば首のリンパは腫れあがり、血行不良によるもので身体全体の流れがとても悪い状態でした。

それがヨガと出会い、みるみるうちに身体が変化していきました。

はじめは、瞑想やみんなでマントラを唱えることに少し抵抗がありましたが、みんなで唱えているとだんだんみんなと一つになっていく感覚になります。

私は元々とても身体が固いのですが、先生が「身体のつくりは人それぞれ、固い人も柔らかい人もみんなが一つになれるもの、それがヨガよ!自分が気持ちいいと思うところまででいいのよ」と言ってくださりました。その言葉はとても楽になり、気づけば周りと比べてばかりの自分がいなくなりました。

毎朝5時に起き、1時間やる時もあれば30分の時もあったり、15分だけの時もあります。

大事なのは毎日続ける事。毎日続ける事で自分の身体や心の変化に気づいてきて、呼吸が整ってきます。

毎朝自分と向き合うことで一日を気持ち良くスタートでき、自分が幸せでいると周りもハッピーになっていきます。

自分の呼吸を感じること、それは自分を知る事に繋がります。

マット一枚あればはじめられる趣味。おすすめです!

完熟アロエ マツキヨ

糖質OFFとウォーキングを生活に取り入れています

私が普段から気を付けているのは糖質を取りすぎないようにすることと定期的にウォーキングをすることです。糖質については会社での食事や外食、おやつなどでどうしても取りすぎになるため家での食事はできるだけ抑えるようにしています。主食としては小麦粉類は控えて米類を100g程度を1-2食分は取るものとしています。おかず類は今はいろいろと糖質OFFのレシピ本が多く出ているのでそれらを参考にしています。食事だけに気を付けるだけでなく運動としてウォーキングしています。行うのは夕食が終わった後が多いですが、遅い出勤のときは午前中に行くこともあります。まず行く前にはダイエット補助食品やドリンクを飲みます。こういったものを取ってから運動すると、通常よりも15分程度から発汗するのが5分くらいから汗をかき始めます。行先は、歩いて15分ほどの大きな池のある公園です。芝生の広場もあるのでそこでストレッチや筋トレなども行います。筋トレはスクワットや鉄棒を使った懸垂などをしています。それ以外でも、四股が健康にいいと最近聞いたのでやっていたりします。芝生の上なら膝を傷めないで十分に体を動かすことができてうれしいです。その後家に帰り、時間に余裕があるときは半身浴に30分ほど入ります。そうすることで血行を良くし新陳代謝を上げることを狙っています。これらをやるようになってから体重が5キロほど減り、体が軽くなったことでフットワークも軽くなりました。その結果として以前より活動的になり、それまで行かなかったようなところに遊びに行くようにもなりました。今後も継続していきたいです。
raburo-ラブロ.xyz

前向きなおばちゃんが面白いです

私の職場には、とても面白いおばちゃんが居ます。
そのおばちゃんは、大泉洋が大好きです。
そのおばちゃんは、独身なのですが、実家暮らしで親に養ってもらいながら、自分の趣味にお金を全てかけています。
大泉洋が大好きなので、北海道に旅行によく行きますし、何か舞台があるとなると、日本全国付いていきます。
将来のことをどう考えているのだろうかと思うのですが、本人は今をとても楽しんでいるようです。
40歳を過ぎて、正社員ではなく、パートとしての勤務をしているおばちゃんですが、まだ結婚はあきらめていないようです。
さらに、年下が好きなようで、今だに少女漫画を読んで、とてもキュンキュンしているという話を聞きます。
私は、ネガティブな性格で、将来のことを不安に思うこともあるのですが、職場の独身のおばちゃんの前向きさを見ていると、自分ももっと前向きに考えようと思います。
おばちゃんは、色々な趣味にお金を使っているので、最近の話題のものに詳しく、話を聞いているととても楽しいです。
最近はまっているドラマの、俳優さんについての話で、毎回お昼の時間にはお腹が痛いほど笑わせてもらっています。
これからも、おばちゃんの話を聞けるのが楽しみです。宮城 車買取