スイーツデコアートの面白さ

昔から、食品サンプルなどの小物が好きだったため、粘土でお菓子のデコレーションを作成するスイーツデコアートに興味を持ちました。
どうせなら本格的にやりたかったので、通信教育で基礎を勉強し、スイーツデコアーティスト資格を取得しました。
友達にメールで作品の写真を送ったところ、写真立てや手鏡などにデコレーションをした作品を作ってほしいと依頼を受けるようになりました。
苺をモチーフにしてほしいとか、こういった写真立てを使ってほしいなど、依頼を受けると、逆に要望から新しい発想のヒントが得られることもあり、創作の幅が広がってとても楽しく、勉強になります。
そして何より、依頼主の方に喜んでいただけるのがとても良いです。自分の作ったものが気に入ってもらえて、大事に使ってもらえるというのは、本当に製作者冥利に尽きます。
最近は、スイーツの食べ歩きをされている方のツイッターなどをフォローし、その方の写真などをヒントに、洋菓子の造形をアレンジした作品なども製作しています。
製作には根気がいりますが、本物そっくりにできた時の達成感や喜び、また、使ってくれる方の生活を、ほんの少し彩ることができる楽しさ、これがスイーツデコアートの面白さでもあります。
輸入車 車買取

テスト勉強前は騒音との戦いだった

大学生のときに住んでいた家のことですが、ここが大通りに面していたこともあってか、車やバイクの音、その他の騒音など、本当にうるさくて悩まされたものです。

昼間はいいのですが、夜になってもうるさくて、ひどいときはフトンに入っても寝れなくて深夜まで無理やり起きていたこともありましたっけ。

おまけに築20年以上の古いアパートだったので、夜になると上階からの歩行音や隣室の電話の喋り声や音楽、子供の泣き声なども気になりましたね。

大学のテスト勉強のときなんかは、集中できなくて本当に困りました。

そんな時に使ったのが耳栓です。

飛行機に乗る時に使う黄色いタイプのやつです。

完全にシャットアウトすることはできませんが、それでもかなり効果はありました。

イヤホンが切れていたときなんかは、音楽を聴く時に使っていたイヤホンをかけてましたね。

それでも集中出来ないときには、大学の図書館にギリギリまで残って勉強してました。

図書館は静かなのでやっぱり集中力が高まりますが、友人なんかに会ってしまうと遊んでしまうこともあって、一長一短でした。

その他、マクドナルトや喫茶店なんかもためしましたが、一番良かったのは、早朝の自宅ですね。

早朝は隣人もみんな寝ているし、車の往来もそれほどないため、静かでいいんですよ。

だからテストの前は結構早起きしてました。

スキンフェアリーの口コミを検証